鯨のコロの素晴らしさ

先日、鯨のコロを食べさせてやる!と知人から誘われて食べにいった。
その鯨のコロは、私がこれまでに食べてきたコロとは全く違って、本当に独特の食感で、なにより油っこくなく素晴らしいものだった。

実は鯨のコロというのは本来の正しい処理の仕方、作り方で作られているものはあまり多くなく、本当に鯨のコロを正しい作り方で作れている人は少ないらしい。
長い時間をかけて温度調節をしながら油を抜き、作り上げられる鯨のコロは本当に旨味が凝縮されていて、余計な油分もなく最高の味だった。

そう言えば、昔祖父に鯨の肉を食べに連れて行ってもらった時、懐かしい懐かしいと半分泣きながら食べていたのを思い出した。
祖父が子供の頃には鯨の肉の缶詰などをよく食べていたらしい。

私の子供の頃には鯨の肉を食べるなんてことはほとんどなかったし、初めて食べた時には独特の食感と味、匂いでとても美味しいとは思えなかった。
ただ、コロに関しては心底美味しいと感じることができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です