費用は痛いが受けるべき

テレビ番組で芸能人が人間ドックを受ける企画がある。
芸能人は仕事なのでタダで受けることができるのであろう。

正直羨ましい!と思いながらテレビを見ていた。

ただ、肛門の検査までテレビで流されるのは恥ずかしい。

もちろん、顔しか映っていないが見ているこっちが恥ずかしくなる。

このようなテレビを見ると、人間ドックに行かなければいけないと思ってしまう。

実際に人間ドックに行って発見した病気がある。

早期発見だったので、完治した。

もし人間ドックに行っていなければ見つからなかっただろう。

ただ費用が高いのであまり頻繁に受けることができない。

富裕層なら定期的に受けることができるかもしれないが、貧乏人からしたら痛い出費だ。

病気になって入院するよりは費用を抑えることができるかもしれないが、何もなければ検査代がもったいなく感じてしまう。

しかし、病気になって死ぬよりはマシだ。

金銭的に余裕があるときは人間ドックを受けたいと思う。

初めて人間ドックを受けるならこちらのサイトが参考になる。

人間ドックの受け方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です