示談はすぐ応じるな!

友人Aから久しぶりに連絡があった。

1年前に追突されてむち打ちになった男。

だいぶ良くなったそうで、一緒に少し飲んだ。

事故後3カ月位した時に30万円で示談を持ち掛けられているがどう思うかと相談された。

友人はその金を欲しがっていた。

事故以来、仕事を休みがちで収入が激減した上、治療費もかさんでいたので。

私はいろいろ調べてみて、その示談は蹴った方がいいとアドバイスした。

症状のきついむち打ちだと、弁護士が入れば100万円くらいは取れたりするらしいからだ。

彼は「理屈はわかるが当座の弁護士費用がない」と答えた。

ところが彼の加入する保険証書を調べてみたら、弁護士費用特約に入っていて、費用はそこから出ることがわかった。

結局、90万くらいは取れて彼は非常に喜んでいた。

昨日はお礼の訪問で、酒は当然彼のおごりだった。

交通事故の加害者は、慌てて示談をまとめたがる。

低い金額で判をつかせたいのだ。

応じてしまえば、もうひっくりかえすことはできない。

被害者は慌ててもいいことは何もない。

じっくり調べて対応することだ。

詳しくは下記サイトで。

交通事故の示談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です